【オススメ】ウコンの力顆粒を
カバンに常備すると超便利

二日酔い・悪酔いの解消と予防対策~楽酒のススメ

酒飲みのための法律講座

飲酒運転


飲酒運転の対象車両

自動車、オートバイ(原付含む)、自転車等の軽車両、トロリーバス、路面電車、牛馬等が飲酒運転の対象となります。

飲酒運転の種類と罰則

飲酒運転の罰則は、酒酔い運転と酒気帯び運転の2種類に分類しています。

●酒酔い運転

●酒気帯び運転

●飲酒検知を拒否した場合

アルコール検知器で確認

運転者以外の責任

●車両提供者

●酒類提供

●同乗等


※酒類提供など実際に運転していなくても免許取り消しになった事例があります。

※民事責任も問われます。同乗者に5,800万円の賠償命令が下された判例もあります。

備考

飲酒の翌朝、酔いがさめたと思っていても実際には体内にアルコールが残っていて、結果、酒気帯び運転となることがあります。

体内からお酒が抜ける時間は飲酒量や体質により個人差がありますが、航空機の場合、運転前8時間は飲酒をしないよう通達しているようです。

日本人の4割は酒に弱い!
パッチテストで体質チェック

▲ページ先頭へ


楽酒のススメ