【オススメ】ウコンの力顆粒を
カバンに常備すると超便利

二日酔い・悪酔いの解消と予防対策~楽酒のススメ

二日酔い,悪酔いの解消と予防対策

二日酔いになったら


二日酔いになってしまった時の対処法

体内に入ったアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。その後酢酸に分解され、最終的には水や二酸化炭素になり体外へ排出されます。 二日酔いはその分解過程で生まれるアセトアルデヒドという毒性の強い物質が主な原因と言われています。

ですから、二日酔いを解消するには肝臓の働きを活発にしてアセトアルデヒドの分解を促してやることと、排尿等でアセトアルデヒドを体外に排出することが大切です。併せて肝臓の疲労を癒すことも忘れずに

手っ取り早いのは水分補給。水分をたっぷり摂り、汗や尿と共に早めにアルコールを体外に排出させるようにします。ちなみに二日酔いの時 喉が渇くのは脱水症状に陥っているからです。

下痢気味なら、油っこいもの、刺激のあるもの、冷たいものを避け、おかゆ、スープなど胃に優しいものを摂るようにしてください。

お風呂に入り、汗としてアルコールを排出させる方法もありますが、心臓に負担がかかりますので心臓の弱い方は注意が必要です。
この場合はぬるめのお湯にゆっくりつかり、入浴前と後はに水分をたっぷりと摂るようにしてください。

迎え酒はアルコールの麻酔作用による一時的な解消にしかなりません。逆にアルコール依存症への第一歩となりますのでやめておきましょう。

アルコール検知器で確認

二日酔いに効く成分

果糖、カフェイン、ビタミンB群、ビタミンC、タンニン、たんぱく質、ぶどう糖、カリウム、グリコーゲン、タウリン、システイン 等

主な食品

加齢臭は30代から
始まるらしい(32歳)

▲ページ先頭へ


楽酒のススメ